夢でよかった

たまに、悪い夢を見る。
目が覚めて、夢でよかったと思う。
そんな体験を、また最近もした。

内容は、俺が仕事でトチって、なぜか色々な人にいちいちアポ取って家まで謝りに行くというもの。
なぜ家まで謝りに行くとか、その理由は分からない。
夢だから。
だが、いちいちアポ取って、都合いい時間を調整してかつ謝りに行くのを何件、何十件もやるのは、そうとうハードに思えた。
思えたというのは、実際は家に行って謝る場面までいっていなかったのだ。
その超めんどくさくハードな内容を考えただけで、絶望に襲われて、ああーっとなったのだ。
そこで目が覚めた。

スポンサーリンク

本当に夢でよかったよ。
俺は、夢を見ると、それは大抵悪い夢だね。
確か悪い夢を見るということは、実生活は幸せなのだとか。
ほんとか知らんが。

とにかく、悪い夢を見たら、このように人に言うに限る。
自分の中だけに留めておくと、非常に居心地が悪い。

夢というのは、心理状態を表しているのだろうな。

俺の場合、これは夢だな、と分かることはあまりない。
リアルに捉えてしまう。
きっと純粋なのね。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
スポンサーリンク