やっぱりロッキード・マーチン(LMT)の方がいい

裏霧末10種に、現在ボーイング(BA)が名を連ねている。
工業セクター代表である。
工業セクターからひとつ選ぶならこれかなって思っていた。

しかし、今は、やっぱりロッキード・マーチン(LMT)の方がいいような気がしてきた。
ボーイングも軍用機作っているけど、民間航空機の割合が多い。
ロッキード・マーチンの方が軍寄りである。

だからね、両方景気敏感株ではあるけれど、ロッキード・マーチンの方がより安心して持っていられると思うのよ。
米国政府が相手の商売だからね。
ボーイングはかなりボラティリティが高い。
安泰な企業だとは思うけど、下がりまくるとさすがにきついな。

スポンサーリンク

というわけで、裏霧末10種のボーイングをロッキード・マーチンと入れ替える。

軍用機メーカーということで、工業セクターでは異色の存在だと思う。
それがいい。
俺、工業セクター自体には、あんまり魅力感じてないから。

ロッキード・マーチンの何がいいって、名前がかっこいいよな。
これ以上かっこいい名前ってあるか。
俺は知らないね。

ボーイングって完全にあれじゃないか。
名前のかっこよさでは敵にならない。

さて、ロッキード・マーチンよ、名前負けしない活躍を見せておくれ。

スポンサーリンク