VT の入れ替え候補が見つかった

霧末10種のVT。
こいつの存在に、俺はいつも悩まされている。
なんというか、全世界に投資しているから安心な反面、あんまりリターンに期待できないというか。
それで、DIAなんかの方がいいんじゃないかとは常に考えている。

あとVTってさ、安心はいいんだけど、霧末10種の他の銘柄との相関が結構強いのよ。
そりゃあそうだわな。
VTを除く霧末10種は、全て世界を代表するような銘柄を選んでいる。
だから、そりゃあVTの動きとも関係あるよ。

俺が思うに、VTを除く霧末10種で、かなり業種は分散されていると思うのよ。
だから、VTの存在はあまり意味ないかも。

スポンサーリンク

それで、なら債券はどうかって考えたんだよね。
でも、BNDなんかは、確かに株と負の相関にっているからそこは急落対策に非常にいいんだけど、ボラティリティが低すぎるんだよね。
だから、ちょっとリスクヘッジには弱いかな。

それで、たまたま調べてて発見したんだけど、TLTとか、EDVっていうのがあるのね。
これは、米国長期債券ETFなんだけど、ボラティリティが結構高いんだわ。
金利が上がったら下がり、金利が下がったら上がるっていう性格ね。

TLTのレバレッジ3倍バージョンのTMFは、レバレッジゆえのリスクがあるけど、TLTやEDVにはそれはない。
特に20年~30年の米国国債で構成されるEDVは、ボラティリティが高めで、俺が求めるリスクヘッジの役割を果たせそうだ。
一般に債券は、長期ほどリスクとリターンが増えていくようだ。

うん、EDVは最高の守護神になりうるな。
もっと調べてみよう。

・・・と思ったら、EDVの出来高が結構少ないな。
TLTは多い。
あんまり出来高が少ないのは嫌だから、TLTを調べてみようかな。

スポンサーリンク