運も実力の内

ゲームの世界ではうんのよさというものは、ステータスの中でどうでもいいものであることが多い。
あってもなくても大差ないってことだな。

ところが、現実世界ではそうはいかない。
うんのよさ、超大事。
生まれる国、家、性別、その他色々な運の要素で、人生は大きく変わる。
変わるというのは、人生の難易度が変わる。

いくら日本が超高齢化社会で若者が悲惨だからといっても、紛争地域に比べればはるかにマシだろう。
また、金持ちの家に生まれりゃ最初から資本には困らず、会社で神経すり減らす思いまでする必要はないだろう。

そう、世の中、不平等の塊だ。
努力したってどうにもならない時もある。

スポンサーリンク

だが、考えてみると、確かに金持ちのぼんくらを見ると、こいつ運がいいだけじゃねえかと反感を持ちたくなるが、スポーツの才能に恵まれた者を見ると心証は変わってくるだろう。

確かにスポーツの才能に恵まれた奴は努力もするが、それは才能があってこそトップに登りつめることができる。
だから、運がいいのだ。
でも、賞賛される。

金持ちのぼんくらは賞賛されない。
努力していない印象が強いからだろう。
だが、金持ちの家に生まれたという才能があるのだ。

美形のミュージシャンがもし不細工だったら売り上げは変わってくるだろう。
美形も含めた才能なのだ。

まあ何がいいたいかというと、運も実力の内。
気分悪いだろうが、それを認めないと先に進めない時がある。

スポンサーリンク