ユナイテッドヘルス(UNH)の危機

今俺は、株式投資で初めて、恐怖を感じている。
アルトリア(MO)やアマゾン(AMZN)の急落ですら平常心でいられたこの俺が。
原因は奴だ。
GE坊や。
奴が現在集中投資しているブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BTI)を売却して、ユナイテッドヘルス(UNH)にスイッチすると言い出しやがった。
ユナイテッドヘルスがもっと下がったら、の話らしいが。
マジかよ、本当にやめてくれ。
霧末10種に関わらないでくれ。

正直、GE坊やの投資能力はよく知らん。
もしかすると、長い目で見れば優れた投資家なのかも知れない。
ただ、それ以上に、奴が笑いの神から愛されていることは間違いないんだ。

スポンサーリンク

だから、奴の買う株は短期的には急落しやすい。
いや、統計を取ったわけではないから、正確には、急落しやすい気がする。
今まで最強株の1つと思っていたユナイテッドヘルスの後ろから、じわりじわりとGEの影が忍び寄っている気がする。
ユナイテッドヘルスが最強株であるという事実は変わらない。
しかし、それすらも凌駕する坊やという存在、笑いの神、そんなものが感じられるのだ。

ここまでのことは決して冗談で言っているのではない。
大事な資産運用だ、笑いなど1ミリもいらない。

ああ、まるで桃鉄でキングボンビーに取り憑かれたみたいだ。

頼むから、早くよそへ行ってくれ。

言っておくが、GE坊や自体はナイスガイだと思う。
問題は奴が背負っている笑いの神というかそういう人智を超えたものだ。

お願いします、私を見逃してください。

スポンサーリンク