ユナイテッドヘルス・グループ(UNH)の不安点

俺の持ち株、ユナイテッドヘルス・グループ(UNH)が少し不調のようだ。
これを機会に、この銘柄の不安な点を考えていこうと思う。

ユナイテッドヘルスは医療保険株である。
民主党が国民皆保険法案を提出したことが原因で下げたらしい。

確かに、もしアメリカで日本のような国民皆保険が実現されれば、医療保険会社は大きな損失になるだろう。
全く医療保険に入らないということはないだろうが、日本のように個々の必要に応じて入るようなことになれば、今までほどの阿漕な商売はできない。
日本の医療保険会社みたいな扱いになると思う。

もしこうなったら、ユナイテッドヘルスに投資するうまみは、以前よりなくなるので、医療保険株以外の他の銘柄に買い替えるかも知れない。
やっぱり、国民皆保険制度がないからこそ、医療保険会社は儲かるのだ。

スポンサーリンク

しかし、現実的に、アメリカが国民皆保険制度を導入する可能性は低いだろう。
それは今の政権のこともあるが、何よりお国柄だろうな。
少し制度は違うが、オバマケアも失敗に終わったようだしな。
自由を尊重する国では、厳しいだろう。

ということで、ユナイテッドヘルス株は、他の持ち株同様、基本的に売るつもりはない。
できるだけ長く保有する予定だ。
もし売ることがあるとすれば、より魅力的な投資対象が見つかった時か、アメリカに国民皆保険制度が導入された時になるだろう。
今のところ、その可能性は低そうだ。

国民皆保険制度が導入されるかも、ではなく、されてから考えるよ。
それくらいのんびり構えていればいい。

スポンサーリンク