長期保有が直近の割高を打ち消す

まあ超大型株なんてのは、一部の例外を除き、大抵いつでもPERは高めになっているものだ。
相場全体が急落すれば割安になることもあろうが、その時は全体が割安なのであってその銘柄だけではない。
その銘柄が特別割安になるっていうのは例えば決算でこけたり、何か不祥事があったり、そんな時だが、まあそうそうない。

では、その急落を待って普段は何も買わない方がいいのだろうか。
否、そうは思わない。
直近の多少の割高は、長期保有によって打ち消すことができると思っているからだ。

確かに短期間であれば、どのタイミングで買ったかは非常に大事になる。
だが、長期保有になればなるほど、いつ買ったよりも、どれだけ持ち続けているかの方がリターンに影響してくる。

それは、色々な銘柄の長期チャートを見ればよく分かることだ。
とにかく、なるべく早く持ち始めて、それを持続させることが重要なのだ。

スポンサーリンク

とはいうものの、中には長期的に低迷してしまったり、破綻する銘柄もあるだろう。
そういった銘柄は手放さざるを得ない。
イコール儲ける機会を失う。
だから長く持ち続けられそうな銘柄を選ぶことが重要だ。

タイミングよく次から次へと安値で買って高値で売るってのはなかなかできんわ。
そのまま上がるまで待っていた方がよっぽど簡単だ。

簡単というのはタイミング投資に比べての話で、待つことすら難しいと感じる人間はたくさんいると思う。
だから儲からない。

極端に高いPERってのはさすがに敬遠すべきだとは思うが(銘柄によって変わる)、そこそこのPERなら長期保有が前提なら割安と捉えることもできるんじゃなかろうか。

スポンサーリンク