つり目の良さをアピールする

つり目は見た目が性格がきつそうに見えて、普段損しやすい気がする。
現に俺はつり目であり、よく言えば切れ長であるが、そういう印象を持たれることがある。

つり目代表として、科学的根拠は一切無視して、俺がつり目の良さをアピールしてみようと思う。

つり目はキャッチーじゃないから、あまり親しみやすくはない。
実際、態度もそっけないというか、あっさりしている場合が多い気がする。
しかし、頼られると断りにくい。
文句言いながらも、引き受けたりする。

頼るより、頼られることが多い、俺の場合。

そして、目ための鋭さと中身のギャップ萌えが楽しめる。
俺はよく第一印象と性格が違うと言われる。

スポンサーリンク

つり目にありがちなこと。
普通にしているのに怒っているのか聞かれる。
違う、ただこういう目なだけだ。

つり目美人に圧倒的な存在感を感じるのは、俺だけではないはずだ。
キャッチーどころか、近寄りがたい美しさ。
これが真の美人でなかろうかと思うわけだ。

なんかつり目を持ち上げるような記事になったが、日頃から冷遇されているのはつり目のような気がしたので、ちょっと肩を持ったのだ。
というか自分もそうだけど。

俺は、つり目の方が好きだな。

なお、空気を読んで、たれ目には言及しない。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
スポンサーリンク