追加投資できない日々が続く

不可避な出費があって、今年に入ってからは、あまり追加投資できていない。
由々しき事態である。
仕方ないことだが。
なので、ユナイテッドヘルス・グループ(UNH)が急落した時も、買えなかった。
本当は買いたかったが。

不可避な出費の額というのが何十万円単位だったので、最低限のキャッシュを確保して投資に移るまでまだ少し時間が掛かる。
残念なことだ。
気にしていないとすぐ貯まるのに、気にしだすとなかなか貯まらない。
まあ実際のところ、数カ月投資がずれてもそれほど影響はないと思っている。
長い目で見れば。

スポンサーリンク

そう、長い目で見れば大した問題ではない。
ただ、追加投資できないと寂しいだけの話だ。

そういえば、俺の資産も少しは育ってきたようで、追加投資で増える割合も少なくなってきた。
それよりも、1日の株価変動で動く額の方が大きいことが多い。
資産が資産を生む仕組みがだんだんできてきたか。

でも、やっぱり投資する時は、安くで買いたい。
だから保有比率最低の銘柄に投資している。

いつの間にか、含み益も増えてきている。
これは一旦ポジションを整理してからのものだ。
通算でいえばもっとある。

ここまでの投資人生で思ったことは、株はやっぱりに売らずもっといた方が儲かるなってことだ。
売るのを焦ると損する。

スポンサーリンク