投資未来日記

この記事を書いている段階で、6月20日(木)である。
そして、この記事が投稿される頃には、恐らく霧末10種のVTがBNDに入れ替わっていると思う。
ふふふ、投資未来日記さ。

BNDに入れ替えた理由に関しての記事もすでに投稿されていると思う。
1つは急落対策。
そしてもう1つは、現金代わりに債券を持とうというわけだ。
そんで急落時に債券を売って徐々に株を買うと。

なかなかエキサイティングな作戦だと思う。
たかだかポートフォリオの10%の話だが、投資家としてはぜひやってみたい試みなのだ。

今まで生活防衛資金以外、すぐに株を買う方法だったので、急落時に買い増せなくて歯がゆい思いを随分したものだ。
これで俺も心置きなく急落を待ち望めるというものだ。

スポンサーリンク

それでね、そうなると、急落したらいつ買うかって話になるんだけど、俺は、とりあえず反発を待とうと思う。
過去の急落局面を調べてみると、反発するのを待っても十分おいしい思いができそうなのだ。
落ちるナイフを狙うと、沼にハマる恐れがある。
といっても、反発から買ってもそこからまた落ちて沼にハマることもあるけどね。
だからこそ、いっぺんには買わないで、徐々に買おうと思う。
急落、反発、買う、を少しずつ繰り返す。
多少遅れたってかまわない。

実際に急落に出くわすと、びびって債券売れないかも知れない。
でもそれでも全然かまわない。
債券が安心感につながるのだから。

ああ今度こそは、本当に急落が楽しみだ。

スポンサーリンク