これを言っちゃおしまいだが、投資議論に意味などない

バリュー株投資だの、グロース株投資だの。
積立投資だのタイミング投資だの。
個別株投資だのインデックス投資だの。
米国株投資だの日本株投資だの。

投資クラスタでは日々、こっちの投資手法の方が優れている、いや、こっちの方が優れている、と相手方をディスって議論になりがちであるが、はっきり言って、こんな議論に、全く意味などない。
例え相手を論破しようと、その者が市場に打ち負かされることは多々あるし、ツッコミどころ満載のやり方でも、生き残る者もいる。

そう、こういった議論で勘違いしがちなのは、倒す対象を市場ではなく、目の前の人間と思ってしまうことだ。
目の前の奴、そいつ、関係ないから。
どんだけドヤ顔で立派な理屈を並べても、市場に敗れりゃ、ただの負け犬だから。

スポンサーリンク

エンタメ的に議論するのはアリなんだけど、ガチでやるのは、マジで残念な奴だぞ。
そんな奴はまず市場でも勝てねぇよ。

誰かの訴える投資手法に異論があれば、それを取り入れなければいいだけだし、関わる必要は無い。
はっきり言って、どんな投資手法でも、勝っている奴はいるし、負けている奴もいる。
ただそれだけのこと。
自分に合うものを選べばいいだけだ。

これだけが正義ってもんはないからね。
そういう意識がある方が危ないわ。

豊富な知識をドヤ顔で披露するのが好きな奴も多いようだけど、果たしてその投資結果やいかに。
下手な奴ほど理論武装したくなる、そんな感じがするのは俺だけかな。

御託はいいからさ、結果見せてみなよ。
議論するために投資しているんじゃないだろ。

スポンサーリンク