楽しいと金儲けのバランス

人間誰しも金が大好きだ。
だからできるだけたくさんの金を儲けたい。
だが、金儲けが楽しいを上回ると、続けるのがしんどくなるなというのが俺の感想だ。

どういうことかというと、楽しいからという動機で何かを始めたとする。
楽しいから集中してやったことで、それが少しずつ利益に繋がるようになった。
好きなことで金が貰えるんだから、こんなにいいことはない。
さらに楽しくなって、継続して取り組む。
すると、前よりも利益を上げられるようになった。
本人からしたら楽しくてたまらない。

しかし、ここである変化が訪れる場合がある。
それは、何かを継続してやっていることが楽しいという気持ちより、金儲けが楽しいという気持ちが勝ってしまったということだ。
こうなると、儲けるために行動を最適化していくので、精神的にしんどくなってくる。


数字ばかり気にするようになり、数字に一喜一憂するようになる。
儲けが増えた時は嬉しいが、減った時はそれ以上につらい。
そしてなにより、金儲けに最適化された楽しかったことは、楽しさから生まれていた本来のオリジナリティーが失われ、よって魅力も失われ、そこいらにあるものと見分けがつかなくなった。
そして、売り上げが落ちていった。
金儲けに最適化されたはずなのに、皮肉なもんだ。

この例はおおげさかも知れないが、結構当てはまるんじゃないかなと思う。
俺の本業なんかは最初からそんなに好きでもなかったわけだが、やはり金儲けが優先しているからつまらないし、だからリタイアしたい。
投資資金や安定した生活を得られるのはいいんだがな。

だからといって、いくら好きなことでも、一切利益にならないと、あほらしくなってしまい、やめてしまうことが多い。
少なくとも俺はそうだ。
見返りはほしいんだよ。

なので、例えば投資やブログなんかでも、楽しさと金儲けのバランスが大事で、楽しさが過半数を占めている間は、長続きしやすいと思う。
楽しいから集中して取り組む→成果を上げやすい→なお楽しくなり集中して取り組む、の好循環になりやすい。
例え失敗しても、楽しいからへこたれない。
むしろ失敗すら楽しめる。

最初から金儲けに走ると成功しない、楽しいことをやれっていうのは綺麗ごとだと思っていたが、俺にとっては正解のようだ。
せめて本業以外は、楽しいを優先しようやと思うのだった。

↓霧末信者は、押せ。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ