タバコ株ホルダーってさ、タバコ吸ったことない奴ばっかりの気がする

俺はアルトリア・グループ(MO)を保有する、タバコ株ホルダーなんだけど、今までの人生で、一度もタバコを吸ったことがないんだ。
でもシーゲル赤本に影響されたり、タバコの依存性の強さを考えて、アルトリア・グループを保有しているんだ。
そんなに絶対的な自信はないけど、これからもタバコ株は儲けられると思っている。

でも、当然こんな疑問がわいてくる。
タバコを吸ったこともない人間が、本当にタバコのことを分かっているのだろうか。
そして、タバコ株に投資してもいいのだろうか。

タバコを吸ったことない投資家がタバコ株を初めて買う時、似たようなことを考えるのではないだろうか。

しかし、これは俺の想像に過ぎないが、タバコ株ホルダーって、圧倒的に非喫煙者、それも一度も吸ったことない奴が大多数じゃないかなと思うんだよね。
ネット上だけの話だけど(リアルでタバコ株ホルダーなんて見たことない。まして米国株なんて。)喫煙者のタバコ株ホルダーを見たことがないんだ。

スポンサーリンク

俺がイメージするタバコ株ホルダー。
それは健康に気を遣っている、タバコや酒には縁遠そうな、真面目そうな奴。
俺も含まれるね。

そう、投資本のとなりの億万長者にも、タバコを買う金で、タバコ株を買っていれば今頃・・・みたいな話が出てきたけど、そもそもタバコ吸いながらタバコ株買うという行為は、かなり不自然に思えるね。

なぜなら、タバコ株ホルダーなら、タバコがいかにぼったくりな商品であるかを知っているはずだから。
馬鹿らしくて吸っていられないと思うね。

一昔前なら男はタバコを吸っていて当たり前だったから、そういう喫煙者のタバコ株ホルダーもいたのかも知れない。
でもこれだけ健康志向が高まった現代ではね~。

でもそうなると喫煙者の気持ちが本当に分かるタバコ株ホルダーが激減することになる。
だって自分は吸っていないんだから。
これは自分のよく知っている銘柄に投資すべしという金言に反していないかな。

喫煙者はタバコ株を買わないし、非喫煙者はタバコ株を買うけどタバコのことを知らない。
おもしろいね~。

スポンサーリンク