タバコから大麻へと移行していくのかな

ここ最近、特に、タバコの締め出しがすげえなあなんて感じる。
どこもかしこも禁煙。
まあ、俺は非喫煙者だからその点は問題ないが、アルトリア・グループ(MO)ホルダーだから、株主としては気がかりである。
といっても、アルトリアは米国のみが対象であるが。

身近な人間でも、タバコを止める者が結構いる。
さすがに風当たりが強過ぎるらしい。
それで禁煙外来も使わずに意外と止められた、なんて話を聞くと、こっちは気が気じゃない。

日本がこんな具合だから、米国はもっときついだろう。
知らんけど。
あほらしい、タバコなんて止めたるわ、という米国人が続出している気がする。

スポンサーリンク

だからといって、俺はアルトリアを売ってしまおうなどとは1ミリも思わない。
今のところ。
タバコがこれからも細く長く生き長らえていくような気がするのと、タバコから大麻へと趣向が変化していくんじゃないかなと思っている。

当然、日本では禁止だが、未来はオッケーになるかも知れない。
というかアルトリアだから日本関係ねえし。

健全なストレスの発散法は、筋トレで間違いない。
だが、世の中健全な者ばかりではない。
そういう者は、不健全な趣向品を求める。
それが、タバコや酒や大麻といったものである。
俺はこれらが、必要悪だと思っている。
ないに越したことはないが、なかったらまた別の悪が生まれるようなもの。

必要悪が滅びぬように、アルトリアも滅びぬ。

スポンサーリンク