職場のおっさんとの世間話

職場のおっさんと、昼休みに世間話をした。
世間話というより、職場のおばはんの悪口を言っていた。
要は、このおばはんの態度が日頃から悪いから、イライラさせられるねって話だ。
リアルではあまり人の悪口を言わない俺だが、あんまりイライラしたのでおっさんに聞いてもらったんだ。
そしたら、おっさんは俺の気持ちが分かると言ってくれた。
何か、このおっさんがとってもいい奴のように思えてきた。
そして、胸がスッとした。
話を聞いてもらっただけでスッとした。
おっさんに話してよかった。

スポンサーリンク

もし誰にも話さずにおばはんへの不満を募らせていたなら、俺はある日爆発しておばはんにキレてしまっていただろう。
前触れなくいきなりキレると周囲も戸惑う。
そして突然キレた俺の方に問題ありと見られる可能性もある。
悪口はいけないとは言いながらも、あの種のガス抜きは必要だなと思った。
何か解決したわけではないが、聞いてもらい、理解してもらった。
それだけでも、随分と違うんだなと思った。
聞いてくれたおっさんに感謝である。
俺もおっさんを助けようと思う。
なんか、いい方向にことが進む。
悪口でも、話せる相手はいた方がいい。

スポンサーリンク