自らの正しさを主張すれば主張するほど、嘘くさく見えてしまう

ブログやツイッターでよく見られる光景。
自らの考えを長々と語り、その正しさを主張する。
でも残念ながら、長々と語れば語るほど、嘘くさく見えてしまう。

なぜなら、視点を変えれば正しさもまた変わってしまうものだからだ。
だから絶対的な正しさというのはほぼない。
自分の意見を主張することは当たり前なのだが、それの正しさを長々と語り出すと、それは自己弁護に見えてしまう。
自らの意見の正しさを示すのは、自分ではなくて、他人であった方が、効果的なのだ。

何を主張するにしても自分は悪くないですよってスタンスを取ると、客観性のない奴に見えてくる。
だからそういう長文はスルーされやすい。
こういうところ、分かっている人間とそうでない人間、かなり差が激しい。

スポンサーリンク

俺の場合、自分の主張が正しいかどうかなんて大した関心がない。
こういう意見もあるというだけで言っているだけ。
だから正しさを自ら主張したりするめんどくさいことはしない。
それは自分以上に、他人にとってもめんどくさいことだから。

そもそも、異質な意見に不寛容すぎるところがあるんだ。
個人が発信する情報にそれほどの正確さを求めるのも無理がある。
結局自分で考えずに鵜呑みする奴が悪いんだしな。

この俺の意見に関してもひとつの考えに過ぎず、それが他人の共感を得られるとは限らない。
穴もあろう。
しかし、独りよがりな自分にとって都合のいい正義を振りかざしている奴って、いい歳になってもかなりいるんだ。
そして、そいつらは自分のその滑稽な状態に気付かない。
俺がこういうことを書いたところで、気付かない奴は気付かないんだし、無意味かもな。
ま、無意味を楽しむのもエンタメだよ。

スポンサーリンク