その椅子にカバンを乗せるな

新幹線の自由席、三人掛けのものをイメージしてほしい。
お前は途中の駅から乗ってきて、すでに窓側には人が座っている。
通路側と真ん中の席は空いている
この場合、通路側の席にお前は座るだろう。
わざわざ真ん中の席に座ったら、大分アブノーマルである。

さて、他にこの三人掛けの椅子に座っている者はなさそうである。
そして、お前はカバンを持っている。
さあ、どうする。

まさか、真ん中の席に、カバンを置いたりせんだろうな。
これは、最悪の選択肢だ。

スポンサーリンク

そもそもな、先に座っていた窓側の席の者も、大抵はカバンとか荷物を持っているものだ。
なのに隣の席には置かないで、ちゃんと自分の足元に置いている。
普段の俺みたいな奴だ、それでよし。

別に座る人がいないんならいいんじゃね?と思ったとしたら、甘い。
次の駅でも人は乗るんだ。
その時に素直に席が空いていればスムーズに乗れるものを、荷物が置いてあると、すいません、の無駄な会話が生まれるんだよ。

だいたい荷物をすぐに椅子に置く奴っていうのは、こういう周りの状況を考えられない。
だから実生活でもろくなことにはなっていないことが容易に想像できる。

特急なんかで二人掛けの椅子ならさらにひどい。
ほとんど椅子に荷物乗せてやがる。
バカタレ共が。

もっとひどいのはな、俺、指定席で特急や高速バス乗った時、間違えて俺の席で寝てた奴いたぞ。
ふざけんなっつうの。

そもそもな、カバンとか荷物なんて、椅子に置くな。
そんなもん、汚れてナンボだ。
高いカバンだかなんだか知らんが、そんなに汚れるのが嫌なら、家で大事に飾ってろ。

ちっちゃい話だと思うかも知れないが、一事が万事だ。
そういうところに気のつく大人にならんとな。

スポンサーリンク