シミュレーションゲーム と投資家

今、あるシミュレーションゲームにはまっている。
結構ディープなものになるので、タイトル名は出さないでおこう。
それで、まあしばらくシミュレーションゲームはやっていなかったのだが、やってみるとやっぱりおもしろい。
俺は、SLG(シミュレーションゲーム)が好きなんだ。

この手のゲームで超メジャーなものを挙げると、信長の野望や三国志シリーズだろう。
戦略を練って各地を制覇していくような。

この戦略を考えている間が楽しい。
考え出すと、どんどん効率的に、最適化したくなる。
トライアンドエラー。
楽しい。

スポンサーリンク

ふと気付いたが、投資家は大抵SLGが好きなのではないだろうか。
投資の醍醐味は、何と言っても戦略を考えている時である。
何だ、SLGと変わらないではないか。

どうやってリスクを回避し儲けるか。
そんなことで投資家の頭の中は一杯である。
必要に迫られてやっている以上に、ゲーム的なおもしろさがあるのだ。

長期投資の退屈さにややうんざりしていたところだったので、SLGはいい娯楽になる。
いや、戦略的に生きるというのは、ゲームにとどまらず、とても重要なことではないか。

ただし、あまりに戦略的になりすぎると、最適化され過ぎて、現実世界においては個性を失う。
そこは注意が必要だ。

また、投資においては、絵に描いた餅にならないように注意して戦略を考えなければならない。

ああSLGがおもしろい。
SLGに時間を奪われまくっている俺は、ちっとも戦略的ではない。

スポンサーリンク