言っとくが、俺だって戦略が変わることはあり得るぞ

分かっていると思うが、ブログで書いたそのままのことを、俺が実際に投資で実行するわけではない。
当たり前だ、何で実行する前にいちいちブログで宣言しなくちゃいけないんだ。

実際の投資行動を見て、俺がブレていると思う場合もあるだろう。
思って大いに結構。
俺さえ納得していればいいからな。

恐らくこれから先、お前らを驚かすことがあるとすれば、売りのタイミングである可能性が高い。
え、何で今、って感じでな。

一応、俺は時価総額を売りの基準の1つとして考えているんだが、最終的な判断は、他でするんだ。
その判断になるもの。

それは、霧末指数と呼ばれるものだ。
霧末指数は、完全非公開だ。
これに基づき、俺は売買の判断を下す。

スポンサーリンク

さらに言えば、霧末指数をもとにして、霧末10種は作られた。
だからそれなりに信用はしている。
しかしそれを動かす必要性が生じた時、やはりまた霧末指数によってポートフォリオは変更される。

ここまで言っておいて、本当に霧末指数を公開する気なんかさらさらない。
俺以外にとってはあまり意味はないものだと思うし、売買の記録だけ公開すればいいと思っている。

ブログのことを気にして売買をためらうなんて愚の骨頂だ。
投資ありきだ。

それにしてもやっぱり最後は数字を見て納得するものだな。
数字に勝てるものなど、そうはない。

霧末指数、知りたいか。
教えな~い。

↓霧末信者は、押せ。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク