スターバックス(SBUX)はバリュー株になったのか

スターバックス(SBUX)はグロース株かバリュー株か。
判断に迷うとこであったが、どうも近頃の値動きを見ていると、グロース株からバリュー株へと変わってきたようだ。
大人しい値動き、市場平均超えの配当利回り。
だが、配当頼みではなく、中成長中配当といった感じ。
そう、これはマクドナルド(MCD)やジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)に似ている。
特に、マクドナルドとは業種も似ている。

以前に、スターバックスをポートフォリオに加えたいということを言っていたが、予定を変更する。
マクドナルドと一緒には、なるべく保有しないようにしようと思う。
この2銘柄はさらに似てきた。
分散投資の効果が薄い。

スポンサーリンク

スターバックスを買うとしたら、マクドナルドと入れ替えるのがいいと考えている。
今のところそのつもりはない。
だか、スターバックスの方が投資対象として適していると思う日がこない保証はない。
そんな日がくれば、スターバックスを買う。
スターバックスは成長が少し鈍化して、配当が増えてきた。
キャピタルゲインとインカムゲイン、トータルでリターンを考えなくてはいけない。

ところで、スターバックスは家の近くにない。
外出した時に見かけても、入りたいとは思わない。
馴染みがないのだ。

スターバックスへの投資熱は、冷めつつある。

スポンサーリンク