さよなら、フィリップ・モリス・インターナショナル(PM)

霧末10種の1つであったフィリップ・モリス・インターナショナル(PM)を売却して、その資金でネクステラ・エナジー(NEE)に新規投資した。

1番の理由は、アルトリア・グループ(MO)と合わせてポートフォリオの20%をタバコ銘柄が占めていたからだ。
ETF比率を減らした今、以前より気になっていたんだ。
そこで、タバコ比率を10%に下げようと考えた。

考えられる選択肢は3つ。
アルトリア・グループのみを10%。
フィリップ・モリス・インターナショナルのみを10%。
アルトリア・グループを5%、フィリップ・モリス・インターナショナルを5%、計10%。

俺はアルトリア・グループの方が、今後の期待リターンが高いと見て、アルトリア・グループのみを保有することにした。
今後、アルトリア・グループが、フィリップ・モリス・インターナショナルやブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BTI)と入れ替わる可能性は、少しくらいはあると思う。

スポンサーリンク

次に余った10%で何を買うか。

これはよりディフェンシブな銘柄を求めていたので、公共セクターから選んだ。
俺は公共セクターこそ、最もディフェンシブと考えているからだ。
その公共セクターで現在時価総額トップはネクステラ・エナジーだ。
電力会社だな。

公共株ゆえに日本人に親しみのある銘柄ではないが、それ以上に投資対象として魅力的に感じたので、投資することにした。
ユナイテッドヘルス・グループ(UNH)と同じパターンだ。
親しみがない分だけ、余計に時価総額は重視した。

ネクステラ・エナジー以外でも、様々な銘柄を検証したのだが、俺の基準では、現時点でこれを超えるものはなかった。
ちなみに新規投資の最終候補には、ネクステラ・エナジーの他にスターバックス(SBUX)が残っていた。
だが、ネクステラ・エナジーには勝てなかった。

新しい仲間を迎えて、ますます楽しくなりそうだ。

フィリップ・モリス・インターナショナルよ、世話になった。
お前も優良銘柄には変わりない。
これからも達者でな。

↓霧末信者は、押せ。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク