債券が心地よくなってきた

VTを売って債券ETFのBNDを買ってからしばらく経ったが、実に快適である。
買った当初は現金代わりに債券を持ち、株が急落したら少しずつ債券を売って株を買おうか、と思っていたのだが、このままでもよくね?って思うようになってきた。

このままBNDを持ち続けたら、急落時には強い。
ポートフォリオの10%とはいえ、あるとないのとでは結構違う。

急落中に買い増すのは、リスクを伴う。
さらに落ちるかも知れないからな。
そこで債券を減らして株を増やすのは、ちょっと危なっかしいかも。

そして、売買手数料の下限を意識しなくてよくなったのも、債券を売らなくてもいいかなと思える理由のひとつだ。
今までは十数万円用意しなければいけなかったが、これからは数万円からでもいい。

スポンサーリンク

だから債券を売らなくても追加投資だけで急落に間に合いそう。
間に合うというか歯がゆい思いがなくなる。
これが大きい。

まあ実際急落してみないと、どうするかは分からない。
あ、意外と問題なさそうと思えば、債券売って株買うし、抵抗感じたら債券は売らない。
どっちになってもそう問題はない。

債券の割合を増やすつもりもない。
全体の10%が俺にはちょうどいい。

なぜ10%か、誰にも理解はされないだろう。
だが、それでいい、自分が分かってさえいれば。

スポンサーリンク