下がる前に売るんだろ?

今米国株は好況そのもの。
マイクロソフト(MSFT)、ビザ(V)、マスターカード(MA)なんかがどんどん値を上げて、大人気である。

さて、今積極的にこれら好調な株を買っている連中というのは、その後どうするつもりだろう。
下がる前に売るつもりなんだろうな。
それが自然な考えだ。

と、いうのも、今好調な株を買うということは高値で買うということだ。
だから、持ち続けるつもりなら買いのタイミングとしては誤っている。
持ち続けるなら、急落、暴落を狙って、安値で仕入れる必要がある。
これがバリュー株投資の考え方だが。

だから、高値で買うということは、いずれ来る急落までに売って利益を得るという目的がなければおかしい。

スポンサーリンク

今言ったことはごく当たり前の話なのだが、実際のところ、好調だから売りのタイミングとかは考えずに何となく買ってしまう奴が多いのではなかろうか。
俺はそうだと思う。
そしてそれがバブルだ。

高値で買うのが悪いことではない。
だが、高値で買うんなら、その後のやり方がある。
握りしめるのではなく、売り抜けなければいけない。
これがグロース株投資の考え方である。

俺のスタイルでは、好調な株に積極的に投資することはない。
急落時に積極的に買う。
だからバリュー株投資なのだ。

例え無配のアマゾン(AMZN)であっても、急落中に割安で買い、それを握りしめるのならば、それはバリュー株投資になる。
俺は、バリュー株投資家だ。

スポンサーリンク