老女優は去りゆく

美輪明宏の曲に、老女優は去りゆく、というものがある。
1人の老女優の一生を振り返るような歌詞の内容なのだが、俺がこの世で1番好きな歌なんだ。
とにかく異次元の凄さで、言葉にするのもおこがましい。
YouTubeなどで確認してみてほしい。
俺の言っている意味が、分かると思う。

美輪明宏の曲が好きというと、なんか意外に思うかも知れないが、俺はあまりジャンルにこだわらないタイプなんだ。
音楽に関して言えば、ロックが好き、フォークが好きというより、このアーティスト、バンドが好きって基準になる。
だから昔のフォーク歌手である森田童子も好きだし、アメリカのヘビーメタルバンド、メタリカも好き。
お経も音楽として好きだし、作曲家シューマンなんかも好き。
バラバラでしょ。

スポンサーリンク

音楽に限らず、ジャンルにこだわると、あまりいいことはない。
それをするのは、センスの無い奴だ。
センスの無い奴ほど、変化を恐れ、形式にこだわる。

老女優は去りゆく、の話に戻るけど、この曲を聴くと、なぜか俺は無条件に泣けてくるんだ。
音楽でここまで人の感情を揺さぶるのだから、凄いことだと思う。

美輪明宏といえば、今はド派手な印象が強いけど、昔の頃の写真を見たことあるかい。
美輪明宏 若い頃 でググってみな。
美形過ぎてびっくりすると思うよ。
なんというかさ、美形すぎる男は、ノンケから見てもぞくっとするくらいの魅力があるものなんだ。

あ、一応言っておくけど、俺は男だからね。
でも♀はそのままにしておくよ。
昔の名残だね。

美輪明宏はコンサートの時のMCで、政治的なことも言うんだけど、あれはあんまり性に合わない。
とにかく戦争反対の立場なんだけど、俺は音楽と政治は分離させた方が好きだ。
だけど、戦争体験者だから、仕方ない部分はあるんだろうね。
現実的には国際社会は口で言っても分からない連中ばっかりなんだけど、体験者としてはもう二度と戦争なんてしたくないんだろうね。

残念ながら、音楽を始めとする芸術で世の中を変えることはできない。
だから、歌手は、歌手として生きてほしい。

美輪明宏は、素晴らしい歌手だ。

スポンサーリンク