理解されない心地良さ

今の霧末10種の構成銘柄を見て、何でこいつはこんなもん入れてるんだろうなどと思われることがあるようだ。
理解できんってやつね。
俺はこの理解されないってことに、心地良さを感じる。

俺は一から十まで説明する気はない。
理解してほしいと思っていないから。
自分さえ分かっていればいい。
というか自分だけしか分かっていない方が心地良い。

一応霧末10種は俺のために、最適化されているのだが、当然銘柄が全て固定されているわけではなく、状況によって入れ替えていく。
だから誰にも真似できない。

スポンサーリンク

ただ、俺自身別に著名な投資家でもないから、参考にしようとかは思わない方がいい。
これは本心。
いくらでもいるじゃん、いい見本。

俺は投資で実験を繰り返していて、それがうまくいく保証はどこにもない。
ただ楽しんでいるだけだ。

そこまで理解した上で、それでも興味があるなら、推測してみなよ。
なぜ俺がこの銘柄を持っているか。
入れ替えのタイミングはいつか。

答えは言わない。
言っても理解されない。

スポンサーリンク