機関投資家でもほとんどS&P500に勝てないからといって個人投資家も勝てないとは限らない

機関投資家。
つまり莫大な資産を運用するプロの投資家のことであるが、彼らでさえS&P500には大抵勝てないそうだ。
だからS&P500にインデックス投資するのが1番です(ドヤッ)というのが米国株ブロガーお決まりの台詞であるが、俺はそうとも思わない。

と、いうのも、機関投資家は売買に色々な制約があるから。
俺も詳しくは知らんけど、銘柄が限られていたり、自分の一存だけでは決められなかったりするんだろう。
あと、客は大抵短期的な利益を求めるから、それに応えるような運用になりやすい。
結果、暴落した時にドーンとやられる。

そらそうだわな。
S&P500に負けている時に、客に暴落したら状況が変わります、なんていっても聞き入れられんわな。
それを素直に聞く人間なら、自分で運用しとるわ。

スポンサーリンク

そう、個人投資家には、そういうしがらみがない。
自由だ。
いつ何を買っても、売ってもいい。

だから市場平均を上回れると決まったわけではないが、不自由よりはいいだろう。

あと、機関投資家は運用額がでかいから売買に時間がかかる。
1日の内で全部完了するのは不可能だろう。
規模にもよるけど。

俺がいいたいのは、株の世界では、プロが駄目だからって、アマまで必ずしも駄目とは限らないってこと。
その辺が例えばスポーツなどとは違うとこだね。

だから機関投資家でも、という言葉を鵜呑みにしないで、俺は自分で実験してるわけ。
それで駄目そうならインデックス投資に戻ればいい。
例えば駄目だったとしても駄目だったと分かることが収穫だ。

実際には、駄目ではなく、結構チャンスがある気がするんだなあ、これが。

スポンサーリンク