いくら温厚でも怒らなあかん時はある

俺はまあリアルでは、まあそこまで温厚かといわれればそうでもないかも知らんが、少なくとも短気ではないと思う。
そもそも怒ると疲れるし邪魔くさいので、あんまり怒らないと思う。
省エネ運転。

でも、やっぱり生きていて、怒る時はある。
まあほとんどは、仕事中だ。
なんというか、業務に支障が出てくるような場面で怒ったりする。

例えば同僚がふざけた真似をやらかして周りに迷惑を掛けそうな場面。
かつそいつは自分がふざけた真似をやっていることに気付いていない。
こういう時に、ふざけんな!と怒るわけである。
こっちも責任があるからな。

スポンサーリンク

ただ、この場合の怒るっていうのは、反射的なものであり、理性的とはいいがたい。
危ねえよ、馬鹿野郎って感じのノリである。
だから、勢いだけが伝わって、肝心のメッセージは伝わってなかったりする。
まあ理性的に伝えようが、こういう奴にいってもはっきりいって無駄なんだけどね。
そう、無駄なんだ。

でも、反射的に怒るのは仕方ない。
だって危機が迫っているから怒るんだ。

自分に関していえば、怒りたくて怒ることはまずない。
ストレス解消になんかならないよ。
できたら怒りたくない。
無駄なエネルギー使うし。
だから最低限だけ怒る。

プンプン。

スポンサーリンク