ワンタップバイに突っ込みを入れる

ワンタップバイの取り扱い銘柄が、追加されたようだ。
早速チェックしてみたところ、突っ込みどころしかなかったので、釣られてやることにした。
追加銘柄の一覧は、以下の通りだ。

アドビシステムズ(ADBE)
ブッキング・ホールディングス(BKNG)
セールスフォース・ドットコム(CRM)
ゴールドマン・サックス(GS)
ネットフリックス(NFLX)
エヌビディア(NVDA)
ペイパル・ホールディングス(PYPL)
スクエア(SQ)

ディフェンシブの欠片もねぇ。
景気敏感株ばっかりじゃねぇか。

スポンサーリンク

ジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)はどうした。
ペプシコ(PEP)はどうした。
ウォルマート(WMT)やベライゾン・コミュニケーションズ(VZ)はどうした。
タバコ株はどうした。
公共株はどうした。
ディフェンシブ株、全然ねぇじゃねぇか。
そんなに景気敏感株ばっかりいらんわ。
しかも結構マニアックな銘柄まで。

大体思惑は分かったぞ。
ワンタップバイは初心者を対象にしているから、ボラティリティの高い景気敏感株ばっかり買わせて、頻繁に売り買いさせようとしてるんだろ。
初心者をカモにして手数料稼いで、はい、さよならだ。
ディフェンシブ株買うと簡単には売らんからな。
それより景気敏感株の方が証券会社としてはおいしいわけだ。

まあカモになる方が悪いわけだが、結構えげつないシステムだな。
長いこと続けていきたいんなら、もちっとディフェンシブ株を増やしてやってもいいじゃないかい、ワンタップバイさんよ。

その内、実際にはまったく関係ない女優なんかが、私もワンタップバイ、とか言ってCMに出そうだな。
投資のえげつなさをきっちり伝えるために、女優より霧末を使ってみるかい、ワンタップバイさんよ。

↓霧末信者は、押せ。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク