NISA期間より長期保有する予定なら、高配当株を買った方がいいだろう

俺はNISA口座を開設しているわけであるが、基本的にNISA枠では高配当株(=配当利回りが市場平均(VTI)以上)しか買っていない。
と、いうのも、NISA期間よりも長期保有する予定だからだ。

NISAは基本的に5年、ロールオーバーという制度を使うと最大10年まで保有することができ、その後は売るか特定口座などの別の口座に入れるかを選ぶはずだ。

もし、このNISA期間までに株を売って儲けようとしているのなら、NISA枠でグロース株を買った方がいいだろう。
なぜなら、売却益にかかる約20%の税金が免除されるからだ。
うまくやれば、かなりの額の税金が免除されることになる。
うまくやれば、だ。

対して俺のような長期保有派は、NISA枠では高配当株を買った方がいいだろう。
なぜならNISA期間中は配当課税約20%が免除されるからだ。

スポンサーリンク

長期保有してNISA期間終了後に特定口座に移すのであれば、売却益の税金のことは考えなくていい。
売る時に考えればいいのだ。

NISA枠で、グロース株の売却益にかかる売却益を免除される金額に比べれば、高配当株を保有し続け配当課税を免除される金額は少なくなる傾向にあると思う。

しかしそれは、あくまでNISA期間内に、グロース株を高値で売ることに成功した場合だ。
そしてそれは、俺のスタイルではない。

だから微々たるものだとしても、おれは高配当株の配当課税を免除させるためにNISA枠を使う。
NISA枠は、俺にとっては高配当株を買う時にあったらいいな程度のもので、それほど重要なものでもない。
NISA枠のために、投資スタイルを変えることは本末転倒だと考えている。

スポンサーリンク