人間も猿の一種 なのに独自のシステムで縛ろうとするから無理が掛かる

人間は猿の一種である。
人間だけが特別みたいに思われがちであるが、とんでもない。
単なる一動物に過ぎない。

なのに、人間には独自の社会システムがあり、その枠内で生きている。
動物らしくない要素が多々ある。

動物は結婚なんかせんし、大抵はメスだけで子育てする。
強いオスがメスを独り占めし、弱ければみじめなもんである。

狩りをするのが生活の一部だから運動不足の心配もない。

運動不足に悩まされているのは人間くらいなものだろう。
やっぱり動物としては不自然だ。

スポンサーリンク

別に俺は、人間は猿なんだから野に帰れ、とはいっていない。
というか今更無理だ。
自然はそんなに甘くない。

ただ、動物である人間を、独自のシステムで縛ってしまうと、どうしても本能レベルで無理だ掛かってくると思うんだな。
だから各地で問題が起こる。

明るく円満な家庭なんていうのは、物凄く不自然な気がする。
そんなものを作れるようにそもそも人間が設計されていないのだから。
それを倫理だの道徳だので抑えようとするが、やっぱり本能には敵わん。
それで色々問題が起こる。
いや、人間社会にとっては問題なだけで、その姿こそが、動物としては自然なのかも知れぬ。

とりあえずさ、人生に疲れたら、猿でも見てみようぜ。
どんな自己啓発本よりためになる何かがそこにはあるような気がするんだ。

スポンサーリンク