正直、デューク・エナジー(DUK)でもいい

俺は現在、ネクステラ・エナジー(NEE)を保有しているが、これ、正直、デューク・エナジー(DUK)でもいいんだ。
両者に大きな違いはないと考えている。
あとは時価総額がネクステラ・エナジーの方が大きいのと、秘密の霧末指数を考慮に入れると、どちらでもいいけど、ネクステラ・エナジーの方がベターかな程度の差だ。
これはビザ(V)とマスターカード(MA)の関係に似ている。

有利と思う方を選ぶだけで、特別銘柄に思い入れはない。
ただし、この2銘柄は、非常に優秀だと考えている。

公共株については、バリュー投資家の間では、これら2銘柄より、サザン(SO)の方が人気が高そうだな。
だが、俺はサザンはあまり好きではない。
現にパフォーマンスがネクステラ・エナジーやデューク・エナジーに比べて落ちるはず、ってあれ。
検証してみたら、意外といいぞ。
確かに2銘柄には及ばないのだが。
サザンも意外といい。

スポンサーリンク

俺はこの記事で、ネクステラ・エナジーやデューク・エナジーの方がサザンよりいい、って結論付けたかったのだが、少し予定が変わった。
いい、よりも、ややいい、程度になった。
そして、サザン、意外とやるじゃん。

俺が基準にしているのは、霧末10種の中に1つ公共株を入れると、という前提な。
それだとサザンすらも意外といい。
ポートフォリオ全体のリスクを抑えてリターンを得るのに貢献している。

どんな検証したかは教えてあげな~い。
何でも鵜呑みにせず、自分で調べることが必要だ。

恐らく、公共株と相性がいいのは、ボラティリティの高い株だ。
ディフェンシブ株ばっかりのポートフォリオに公共株を放り込んでも、あまり効果はないと思う。

俺はますます公共株が好きになりそうだ。
ちなみに俺は公益株とはいわない。
なぜなら、マーケットハックのセクターローテーショングラフの表記が公共だったから。
そういうところはなぜかこだわる。

↓霧末信者は、押せ。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク