人は亡くなると、どうなるのか

不老不死の技術が発展しない限り、人間いつかは亡くなることになるよね。
動物としては当たり前のことだけど。
俺はさ、その亡くなった後、自分の意識がどうなるのかががとても気になるんだ。

こういう話をするとさ、亡くなると無になるだけだ、なんてはなから決めてかかる人も多いんだけど、俺はその考えには抵抗があるのよ。
まずさ、そもそも無って何さ。
感覚として分からない。
ずっと寝ているような感覚?
うん、よく分からない。

この世から自分がいなくなるっていう感覚が、理解できないんだよね。
だって自分からすれば、自分がいて当たり前でしょ。
もしそれがなくなれば、今この頭の中に存在していると思われる意識は、どうなっちゃうのさ。
何もないって、怖いよね。

スポンサーリンク

それじゃあ天国や地獄みたいなのがあると思うのかと聞かれれば、それもどうかな~って感じだよね。
ああいうのは宗教によっても世界観はバラバラだからね。
いいことした人は天国、悪いことした人は地獄っていっても、その基準が分からない。
自分はいいことしたつもりでも、天国地獄基準では悪いことだったり、その逆のパターンもあったり。
もしこういう世界観だったら、今の内からその基準を知っておきたいよね。
そしたら天国行きたさにポイント稼ぎまくる人生になるんだろうな~。

輪廻転生。
これはあるかも知れないね。
もしもあれば自分の前世が知りたい。

俺は、疑問に思うことがある。
46億年の地球の歴史の中で、新人類が登場したのがほんの20万年くらい前の話。
それで今俺は、たまたまこの時代に生を受けて、現代を生きている。
これさ、偶然と呼ぶには、あり得ない確率だと思うのよ。
偶然この時代の地球人になれると思うか。

何か俺はね、今回が初めての人生ではないような気がするよ。
何度も何度も別の人生を過ごしてきて、また今の人生を過ごしている気がする。

まあいくら推測してみたところで、亡くなってみないことには、分からないね。
でも、亡くなっても分からなかったりしそうだな。

なんにせよ、理解できない亡くなるという現象について、俺は恐れを抱いている。
亡くならないような技術が将来できればな~って思う。

人はさ、理解できないものに恐怖を感じるんだ。

スポンサーリンク