内助の功(笑)

内助の功という言葉があるが、俺はあれに違和感を感じる。
この場合は、夫が仕事などで活躍することを妻が陰で支えるって意味ね。

確かに、もともと自己管理ができない駄目な男が、結婚をきっかけにしっかり妻に管理されて、一家が人並みの生活を送れているのなら、それは妻の内助の功があると言えるだろう。

しかし例えば世界有数の実業家が、巨万の富を稼いだのは、内助の功のおかげだろうか。
それだけじゃない。
スポーツ、学問、様々な分野で、男が栄誉を勝ち取った時、マスコミは、必ず内助の功を取り上げる。
なぜなら、内助の功=女の話題を取り上げた方が、マスコミの金になるからだ。

栄誉を勝ち取った男は必ずといっていいほど、妻や家族のおかげですというが、当然ながらそれだけのわけがない。
もともと、能力があったのだ。
内助の功が勝敗を決めるわけがない。
もしそうなら、敗者の妻の内助の功が足りなかったことになる(笑)

スポンサーリンク

大富豪の妻の内助の功と、普通のサラリーマンの妻の内助の功は、その資産のとおり、何百、何千倍の違いがあるのだろうか。
あるわけがない。
なのに、仮に離婚すると、両者の取り分は大きく違う。

俺は、ただ大富豪の妻だったからという理由だけで、莫大な金を離婚で得るのはおかしいと思う。
だって、その人間は、大富豪と結婚しただけで、自分でその資産を築いたのではないのだから。
これって、オノヨーコとか、紗栄子みたいなもんだぞ。
俺、芸能人とかはどうでもいいんだけど、こいつらの名前は、聞くだけで虫唾が走るんだ。

かといって、法律を変えることはできないから、ならば自分は結婚などしないでおこうと思うわけだ。
もともと願望はないが、こういう法制度を見ると、よりその思いが強固になる。

状況にもよるんだろうが、離婚したらいくら資産があっても半分とられるなんて、とんでもないリスクだぞ。
レバレッジ3倍ETFがかわいく見える。

気付いているだろ、とりわけ今の日本が、女に甘いってことを。
そんなことないって思っているなら、それは女に乗せられている証拠だよ。
男らしさっていう言葉で、男を操って楽しようというのが、女だからな。

それにな、優れた女は、自分で何とかするし、台頭するんだよ。
女性に優しい制度を、とかギャーギャー抜かしている奴らは、自分で何もせずに他人に何とかしてもらおうとする、他力本願のクズばっかりだ。

マスコミは金になるから女を甘やかしているだけだ。

スポンサーリンク