霧末流筋トレ は、無課金スマホゲームの如し

最近、筋トレにハマりだしたのは何度か記事にしたが、現在は、腕立て伏せ、スクワット、腹筋の3つをやっている。
この3つの共通点。
それは、道具がいらないということだ。
本当はジムに通ってバーベルを使うなどしてトレーニングした方が効率がいいらしいが、今のところそれは考えていない。
というのも、形から入ると、途中でやめる可能性が高いからだ。
とりあえず家の中で簡単にでき、かつ効果的なものをピックアップしたのだ。

どのトレーニングも回数をこなすことを目標にするのではなく、しっかり筋肉に負荷をかけていくことを心がける。
その上で、限界までやる。
それを3セット。
間の休憩は1分程度。
これを2日に1回くらい。

スポンサーリンク

効率を考えれば、ジム通いの方がよかろう。
だが、よく考えてみると、別にそこまで効率性を求めていない。
そりゃあどうせやるなら効率的な方がいいが、そこに金がかかるとなれば話は別だ。
何かこの感覚、スマホゲームを無課金で遊ぶのに似ている。
無課金でもある程度いける、だがそこからが難しい、みたいな。

俺は別にガチムチになりたいわけではない。
健康維持と体型維持。
それだけでも十分だ。

それに、無課金トレーニングといえども、馬鹿にはできない。
トレーニングで限界まで自分を追い込んでいる時は、なぜか楽しい。
なぜなんだろう。

そういえば食事メニューも最近は筋トレを意識したものになっているんだが、それを考えるのも楽しい。
また新たな歓びに目覚めてしまったというのか。

スポンサーリンク