投資の世界に足を踏み入れたら最後、二度と元には戻れないだろう

俺はインデックス投資から投資の世界に足を踏み入れ、現在は主に個別株投資を行っているわけであるが、つくづく思うのが、投資の世界というのは、一度足を踏み入れると、元の投資をしない生活に戻るのは難しいだろうなということだ。
確かに生活のために投資をしている部分もあるのだが、それ以上に楽しいからやっているんだ。
はっきりいって、ギャンブル好きと変わらないと思う。
違うのは、株は長期でみれば、期待値が、プラスになるということだ。
それが救いだ。

株で退場する者は後を絶たないだろう。
しかし退場してなお、また札束を握りしめて、相場に戻ってくる者の方が多いのではないか。
株でなくても、他の投資対象に移ることもあるだろう。
とにかく、一切投資から離れて平穏な暮らしをしている、なんて人間は、少数派だと思う。
自分自身が投資の楽しさを肌で感じているから、そういえるんだ。

スポンサーリンク

俺にとって、特に米国個別株投資は面白い。
銘柄の個性が凄いんだ。
これに比べると、他の投資対象は、つまらなく感じる。

瞬間的な楽しさは、確かに投資以外にもある。
でも、結局、保有株が上がった、下がった、儲かった、損した、買うか、売るか、事業内容はどうだ、決算は。
そういうインパクトに比べれば、他の全ての娯楽は、霞んで見えるんだ。

米国株投資から足を洗うのは、難しい。
俺は必要の有無に関わらず、抜け出せはしないだろう。

抜け出すことはできないとはいえ、やり方を間違えなければ、むしろ自分を経済的には豊かにしていくだろう。
諦めて、一生上手く付き合っていくしかない。
そう思いながらも、ちっとも悲壮感などないのであった。

↓霧末信者は、押せ。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク