アルトリア・グループ(MO)が下げ止まらない


霧末10種。
アップル(AAPL)、ビザ(V)、アマゾン(AMZN)が好調。
ナイキ(NKE)、アルトリア・グループ(MO)が不調。
アルトリア・グループの不調をハイテク勢が補う。
いいねぇ。


地域別。
新興国、アメリカが好調。
新興国、きてるねぇ~。


セクター別。
ハイテク(VGT)、エネルギー(VDE)、素材(VAW)、金融(VFH)、工業(VIS)、ヘルスケア(VHT)が好調。


霧末ウォッチリスト。
銘柄1つ入れ替え。
アンダーアーマー(UM)アウト。
アディダスを抜いたら入れてやんよ。
ネクステラ・エナジー(NEE)再びイン。
やはり公共の王者は無視できない。

マイクロソフト(MSFT)、マスターカード(MA)、アルファベット(GOOGL)、ネクステラ・エナジー(NEE)が好調。
AT&T(T)、ゼネラル・エレクトリック(GE)、ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(BTI)が不調。
ブリティッシュ・アメリカン・タバコはどこまで落ちるかな。


バフェット太郎6種。
エクソン・モービル(XOM)、IBMが好調。
ウォルマート(WMT)が不調。


運用資産。
下がった。
霧末10種がプラスだったことを考えると、為替の影響か。
かまわんかまわん。

それにしても、この前のアイコス騒動の時はフィリップ・モリス・インターナショナル(PM)がかなり下げて、アルトリア・グループ(MO)はそれほど下がらず、今回は逆と、2銘柄持ちの効果はあるみたいだな。
問題は、タバコ比率が20%ということだ。
それを色々考えるのが、楽しい。

↓霧末信者は、押せ。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク