森田童子という歌手

森田童子という歌手を知っているかい。
ドラマ高校教師の主題歌に使われていたこともあったね。
最近亡くなったらしい、残念だよ。

俺は、森田童子が好きなんだ。
中島みゆきも好きで、この2人は世代も近いんだ。
同じフォーク歌手。

どちらも暗い、悲しい曲が多いんだけど、中島みゆきの歌には安全装置がついている感じ。
安心して聴ける。
でも、森田童子の歌には、安全装置がついていない。
思いつめた人が聴くと、最後の一押しをしてしまうような、危うさがある。

今、森田童子を聴きながら、ブログを書いている。
悲しい曲なんだけど、とても落ち着く。
どこまでもやさしいんだ。

スポンサーリンク

森田童子が歌うのは、挫折であり、失敗であり、退廃だ。
でもそれを否定しない彼女のやさしさが加わると、何が正しいのか分からなくなってくる。
ただ、ひたすらに、心地いい。

例えば元気がない時に、楽しい曲を聴いたところで、やっぱり俺の心は浮かないんだよね。
世の中にそういう曲がたくさんあって、それはそれで意味はあるんだろうけど。

そういう時こそ、森田童子のような歌を聴きたい。
それは危険なことでもあるのだけど。

商業的に成功したのは、中島みゆきの方だ。
俺も、中島みゆきは大好きだ。
でも、それ以上に、森田童子が好きなんだ。

森田童子からは、実際にはあり得ないような、完全な母性を感じる。
聖母マリアみたいな。
ただ安らぐ。
意味など、どうでもいい。

スポンサーリンク