本当は、毎日S&P500ETFと対決する必要なんて、全くない

俺は毎日、サバイバル投資実践記で、霧末10種とS&P500ETF(IVV)を対決させているが、はっきり言って、そんなことする必要は全くない。
なぜなら、例えIVVに連勝していても、1日でひっくり返される可能性があるし、逆もまた然りだからだ。
つまり、S&P500ETFと対決するにしたって、もっと長い目で見る必要があるのだ。

長いとはどのくらいか。
長期投資というには最低10年はほしいだろう。
だが、それでは長すぎるので、月に1回見れば十分だな。

では、なぜ毎日IVVと対決しているのだろうか。
それは、ただ単に面白いからだ。
その日の運試しくらいの感覚しかない。
実際は運ではないけれど。

スポンサーリンク

本当は、株価のチェックも月に1度くらいが望ましいだろう。
頻繁にチェックしたところで不安になるだけで、ろくなことはない。
かくいう俺も、毎日株価チェックのせいで不安になることがある。

だがそこはエンタメと割り切って、思い切った行動を取らないように心掛けている。
なんせもとはインデックス投資家の出だから、かなり慎重なのだよ。

それにしても、俺とIVVの戦いはどこまで続くのだろうか。
負けっぱなしだと、いつまでも終わらんのだろうな。

まあ別にいいさ、ずっと投資をやめる気はないし。
やめないならIVVと対決し続ければいい。

ということで、毎日の対決はエンタメ。
ただ、月単位になるとちょっと真面目になってくるね。
まだまだ先は長いな。

スポンサーリンク