いくら優れたものでも、そこに糞をかければ糞になる

俺、結構ね、世の中にはキラッと光るダイヤの原石みたいなのがあると思うのよ。
それらが全てダイヤになればさぞかし素晴らしい世の中になりそうなものなのに、実際はそうならない。
なぜか。
ダイヤの原石に糞をかけるような愚行が横行しているからだよ。
要はさ、凡人未満の奴が嫉妬から、何とか自分のレベルまで相手を落とそうとしてくるってことだね。

凡人じゃないよ、凡人未満ね。
つまりクズってことだ。

スポンサーリンク

ダイヤの原石っていうのは才能のある人のことを指すんだけど、そういう人のところには人が集まってくる。
そして集まる人が増えると、必ずその中にはクズが混じっているんだ。
クズは普段自分が誰からも相手にされないから、ダイヤの原石に絡んで目立ちたいわけ。
それでダイヤの原石をディスることで自分の方が優位に立とうとするんだけど、周りから浮いていることに気づかないわけ。

それで、こういうのの度が過ぎれば、ダイヤの原石も糞化しちゃうよね。
愚かなクズのせいで、どれだけの貴重な才能を無駄にしているか。
ま、そこを乗り越えてこその才能かな。

しかし日本には、才能を潰す才能だけは溢れているな。
救いようがないや。

スポンサーリンク