作家の大部分が食えないらしいのに、ブロガーが稼ぐ不思議な時代

出版不況とやらで、一部の売れっ子以外、作家は食えないらしい。
と思えば、こちらも一部であるが大儲けしているブロガーがいる。
当然、俺のことではない。
そういう人気ブログをいくつかジャンル問わずに読んでみると、確かに実用的なものもあるが、大部分は糞みたいな内容である。
当然、俺のブログもそうである。

不思議な時代だ。
実用的でもない、文学性にも劣るブロガーがしょうもない記事で儲ける傍ら、売れない作家が山ほどいる。
当然、俺のブログもしょうもない。
儲けていないが。
もはや文章の質などどうでもいいということか。

スポンサーリンク

しかし、いくらなんでも、そういうブログが栄え続けるものなのだろうか。
実用性もない、文学性もない、なんにもなーい、ブログが。
だいたいな、そういうブログって、どれもこれも似とるんや。
似たようなことしか書いとらへんやんけ。

二言目にはPV自慢、収入自慢ばっかりで、他に言うことないんかと。
まあ、またバブルが弾けるんやろな。
ブログというより、インフルエンサーバブルが。
だいたいなんやねん、インフルエンサーって。
軽率な響きしかせんわ。

糞みたいなブログ量産してもしゃあないやろ。

スポンサーリンク