くっ!ガッツが足りないっ!

このフレーズを知っているか。
そうキャプテン翼のゲームで出てくる表現である。
知らない人間には何が何やらの話だな。
何でこのブログはこういつもマニアックな方向に行くんだろう。
だからマネタイズも失敗するのである。
だけど楽しいからいいもんね。

キャプテン翼のゲームと言えば、テクモ版で決まりである。
異論は認めない。
それ以外は全て糞ゲーだ。
キャプテン翼Ⅱというのがファミコンで発売されて、それが名作と名高いのだ。

スポンサーリンク

そしてそれと双璧をなすのが、スーファミ版で発売されたキャプテン翼Ⅲ。
ファミコンからスーファミに代わり、グラフィックやサウンドが大幅に強化された。

このゲームは、翼君なんかのスター選手は、必殺技を持っていて、それを使うとガッツを消費していくというわけだ。
必殺シュートでキーパー吹っ飛ばしてゴールを決める、戦術も糞もないゲームである。
ガッツには限りがあるから、計画的に使わなければいけないわけだ。

第1戦、第2戦と簡単に勝てるのに、第3戦(カペロマン)で急に理不尽に強くなるのは昔のゲームならではである。
あと、ラスボス(ドイツ)の強さはさらに理不尽である。
これが昔のゲームだ。

なにが言いたいかというと、面白いゲームだったなぁということもそうなんだけど、この、くっ!ガッツが足りないっ!というフレーズを、日常的にもっと応用して使うといいと思うのだよ。
投資資金が足りなきゃ、くっ!資金が足りないっ!
PVが足りなきゃ、くっ!PVが足りないっ!
マネタイズが足りなきゃ、くっ!マネタイズが足りないっ!
うるせーよ!

スポンサーリンク