物は壊れてから、買う

物を買い替えるタイミングってあると思うんだが、俺の場合、それは壊れて自分で直せなくなった時点が多い。
だから使うだけ使うってこと。

例えば、俺がいつもブログを書くのに愛用している、HPのノートPCは5年以上前に買ったものであるが、壊れる様子もないので、これからも使い続けるだろう。
windows10にもアップデートできたから、まだサポート対象内だ。
6万円程度の買い物だったが、よく働いてくれている。

車は10年以上同じものに乗り、走行距離も10万キロを超えているが、何の問題もない。
たまにパーツが故障すると、そこだけ直してまた乗る。
維持費は痛いが、最低限の出費に抑えられていると思う。

スーツだってどこかが破れるまで着続ける。
今は1カ月交代で3着でまわしているな。

スポンサーリンク

もうそろそろ古くなったからとか、壊れそうだからとかじゃなく、壊れて直せなくなったから、セキュリティ上問題があって使えなくなったからといった理由で買い替えるのだ。
つまり、事が起きてから買うってことね。

常に最新製品を買っていたら、とても金が持たん。
というかあんまり欲しいものが無い。
そうなんだ、物欲が本当に減ってきたんだ。
唯一あるのが、米国株に追加投資したいという強烈な思い。
もはや資産を増やす以前に、コレクションしたい気がしてきた。

まあ結局のところ、追加投資への思いが強すぎて、他の出費は最小限に留めておきたいのが本音だろう。
ダサくたってどうでもいいんだよ。

それに、安い割にいい物って、世の中にはいっぱいあると思うんだがなぁ。
俺なんて100円回転寿司で十分幸せな気持ちになれるぞ。
あれ、海外ではありえんのじゃないか。
本当、消費者としては、最高の国だよ、日本は。

↓霧末信者は、押せ。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク