高配当株投資家 をやめる瞬間

高配当株投資。
米国株投資家の中でもお馴染みのスタイルである。
目先の株価に囚われず、とにかく配当を最優先に考える。

さて、この高配当株投資家。
やはり他のスタイルと同様、途中で次々と脱落していくようだ。
俺も高配当株を保有しているので、その気持ちが分かる。
それについて、説明しよう。

高配当株投資をやめる瞬間、それは恐らく、上げ相場で株価が上がらずどんくさく感じてグロース株に乗り換えるからではない。
それもないことはないが、意外とそれは耐えられるもんなんだ。
では、何が問題か。
それは、急落である。

スポンサーリンク

高配当株だって、やっぱり急落することがある。
そうなると、ディフェンシブ株のはずなのに、ちっともディフェンシブに感じなくなる。
くそ、株価も上がらずディフェンシブでもない、ただの糞やんけ、ってことで手放してしまう。
多分このパターンが多い気がするんだな。

それで、売ったらすぐに反発したりするんだなあ、これが。
無事、逆バリュー投資家の誕生である。

高配当株投資も、簡単じゃないと思うよ。
上げ相場に耐えて、急落に耐えて、相場全体の急落時にちょっとだけほくそ笑む。
ほとんどが我慢の時間帯だ。
俺は高配当1本でいく忍耐力はねえな。

スポンサーリンク