高配当ディフェンシブ株の選び方

個別株投資をやる場合、やはり高配当ディフェンシブ株はポートフォリオに入れておきたい。
俺が好きなのは、時価総額業種トップかつ、株をやらない日本人でも知っているメジャーな銘柄だ。
この条件が付くと安心感が違う。
早速挙げてみよう。

アルトリア・グループ(MO)
フィリップ・モリス・インターナショナル(PM)
ネスレ(NSRGY)orコカ・コーラ(KO)
プロクター・アンド・ギャンブル(PG)
ジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)
マクドナルド(MCD)

スポンサーリンク

この程度だ。
正直、どれを選んでも大外しはしにくいだろう。
それくらい安定している。

タバコ銘柄が2つ入っているが、これは分社前は1つだったから両方入れた。
コカ・コーラはネスレが買えない場合の代替銘柄だな。

注目すべきは、選択肢の少なさだ。
タバコ銘柄2つで1つと考え、ネスレかコカ・コーラのどちらかを選ぶとすると、選択肢が少ないどころか、ほとんどない。
この中では少しコカ・コーラとプロクター・アンド・ギャンブルの長期リターンがしょっぱいから、それを入れるかどうかの違いくらいだな。
ネスレはこの2つより長期リターンが優秀で、ボラティリティも小さいので、かなりいいと思う。
んで、ネスレが買えない現段階で、俺はしっかりタバコ銘柄2つとジョンソン・エンド・ジョンソン、マクドナルドをポートフォリオに入れている。

俺の場合はあとはそこに、低配当だがベータが低いユナイテッドヘルス・グループ(UNH)やナイキ(NKE)を入れているわけだが、これらは高配当のものに比べれば安定性に欠けると思う。
その分期待値は高いのだが。

とりあえず、上記に挙げた高配当銘柄中心に守りを固めた後、攻めることを考えるとよかろう。
守ってばかりもつまらんからな。

↓霧末信者は、押せ。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク