今後の投資方針

ユナイテッドヘルス・グループ(UNH)の急落はあったとはいえ、概ね穏やかな1週間だった。
そのユナイテッドヘルスも、大事にはならなそうな感じである。
まあ国民皆保険制度っていうのはアメリカ的に無理があるわな。

そんなわけで、今のところ、銘柄入れ替えの予定はない。
アルトリア・グループ(MO)もだいぶいい具合に戻してきたではないか。

アメリカン・ウォーター・ワークス(AWK)はネクステラ・エナジー(NEE)よりもいいかも知れん。
ただ、そんなに差はない印象だから、引き続きネクステラ・エナジーを保有する。

ジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)はアスベストの報告待ちだな。
だが、例え真実だったとしても、保有し続けるだろう。
代わりがいないから。
ファイザー(PFE)とは違うしなぁ。
よっぽどのことになれば入れ替えも考えるけど。

スポンサーリンク

アップル(AAPL)も問題なかろう。
まだアルファベット(GOOGL)やマイクロソフト(MSFT)よりアドバンテージがあると見ている。

ビザ(V)とマスターカード(MA)は相変わらず同じようなパフォーマンスだし、ならば時価総額のでかいビザの方でいいやという思いは変わらない。

アマゾン(AMZN)に代わりはいない。
これから中国企業が追随、うーん、考えにくい。

マクドナルド(MCD)はスターバックス(SBUX)と比べていいと思う方を持つ。
安定性を取ってマクドナルドを選ぶ日々が続きそうだ。

ナイキ(NKE)の最大のライバル、アディダスはそもそも株が買えんから選択肢に入らんな。
アンダー・アーマー(UA)?まだまだ相手にならんわ。

というわけで、平常運転や。
しばらく上げ相場が続きそう。

バリュー株投資をディスり、グロース株投資を賞賛するような声が大きくなってきたら、要注意やな。
上げ相場終了のカウントダウンや。
ただ、俺は持ち続けるから、できるのは急落への心の準備くらいやな。

スポンサーリンク