ここのところ急落を喰らいまくってるんだが

アルトリア・グループ(MO)、アマゾン(AMZN)、アップル(AAPL)、ジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)と、ここのところ急落続きである。
程度としては大したものではないが、よく命中する。
分散投資のたまものといったところだろうか。

確かに俺のポートフォリオはどの景気局面においても崩れにくい構成にしてあるつもりだ。
それは言い換えると、常に好調と不調の銘柄が存在するということだ。
その不調の銘柄に追加投資していくイメージ。

だから、常に急落がつきもののポートフォリオといってもいいのかも知れんな。
だんだん急落にも慣れてきたわい。
暴落となるとまた違った心境になるかも知れんな。

スポンサーリンク

この常に銘柄のどれかが急落しやすい状態は、結構楽しいものだ。
強がりなんかじゃないんだからねっ。

急落すると頭が活性化するというか、次の一手を考えるわけね。
つまり、ホールドか、入れ替えか。
入れ替えるとしたら、どこを基準にするか。
そして代わりの銘柄は。

焦って即動くのは下の下だ。
数カ月はじっくり考える。
危険水域を脱すればホールドし続ける。

最近は急落が落ち着かぬ内に別の急落が来るから頭がフル回転だ。
でもそう簡単には動かんぞ。

↓霧末信者は、押せ。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク