お前ら、きりったー見てねぇだろ

コアな霧末信者はとっくに気付いていると思うが、俺のブログのトップページには、きりったーというものが存在する。
これは伝言板みたいなもので、簡単なメッセージやつぶやきを載せている。
誰かへの連絡手段にいいだろうと、思い付きで導入してみたのだが、きりったーへの反応が恐ろしく鈍い。
これは気付いていないだろうなと思い、連絡した次第だ。

例えばな、きりったーで他のブロガーに、何かメッセージを送っているんだが、今のところ100%スルーされているんだ。
もともとスルーされやすい体質とはいえ、これはどうも根本的な問題がある、つまり気付かれていないんじゃないかという結論に至った。
多分な、ブログ村から記事へ直に来るパターンが多いんだ。
別にそれでもいいんだが、たまにはきりったーにも目を通せ。
重要なことが書いてあるかも知れないぞ。

なぜ記事ページにもきりったーを導入しないのかって?
それはいちいちトップページで確認するという面倒くさい作業を通じて、俺への愛を育ませるためだ。
愛に障害は付き物だからな。

スポンサーリンク

それにしても本家ツイッターだよ。
俺もやってみようかなと思ったことはあるというか、実際にシー☆ゲル太郎の名でちょっとやってたんだが、あれなんか邪魔くさいな。
何が邪魔くさいって、他人との絡みだよ。
シー☆ゲル太郎では絡まなかったが、普通は絡むんだろ。
そういうのだるい。
俺はメッセージ垂れ流しがいいんだ。

ジロー・ツミタテなんかはツイッターでガンガン信者を増やしているようだ。
奴の得意技であるいい人のふりをした営業活動、俺の最も苦手とする分野だ。
尊敬するよ、投資家としてじゃなく、インフルエンサーとして。

きりったーは誰にも邪魔されない、垂れ流しの快適空間であるが、外への影響力というものが全くと言っていいほどない。
こんなことばっかりしているから、俺は前へ進めんのだろう。

ツイッターもいいが、たまにはきりったーにも目を通せや。
愛のあるメッセージを受け取れるかも知れんぞ。

飽きたら止めるがな。

↓霧末信者は、押せ。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク