霧末10種の配当利回り

霧末10種の配当利回りを調べてみようと思う。
12月17日現在のものだ。

バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT) 1.95%
ネクステラ・エナジー(NEE) 2.45%
アルトリア・グループ(MO) 6.07%
ジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ) 2.71%
ユナイテッドヘルス・グループ(UNH) 1.36%
アップル(AAPL) 1.76%
ビザ(V) 0.74%
アマゾン(AMZN) 無配
マクドナルド(MCD) 2.53%
ナイキ(NKE) 1.21%

平均 2.08%

S&P500ETF(IVV) 1.93%

スポンサーリンク

おお、IVVよりも霧末10種平均の方が配当利回りが高い。
アルトリア・グループの影響がでかいな。

キャピタルインカム両方を期待できるぞ。
ポートフォリオを考えた時点で、大体予想していたが。
市場平均より高配当で、しかもキャピタルでも勝てば、完全勝利だな。
毎日やりがいがあるぜ。

NISAはアルトリア・グループだけに使うのがベストだが、最低保有比率銘柄投資をすると、アルトリア・グループだけというのは現段階では不可能に近い。
よって、市場平均超えの配当利回りである、ネクステラ・エナジー、ジョンソン・エンド・ジョンソン、マクドナルドに投資する時もNISA口座を使う。

キャピタル、インカム、どちらかに偏らず、トータルリターンが優れるようにポートフォリオを設計していきたい。

↓霧末信者は、押せ。
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

スポンサーリンク