期間限定メニューの甘い罠

ファミレスやファストフード店に行くと、必ず期間限定メニューってあるよね。
あれ、飛びついちゃいけないよ。

期間限定って、魅力的な響きだよね~。
今しか食べられないってさ。
でもさ、記憶を辿ってみてほしい。
今まで、期間限定メニューを注文して、満足したものが食べられた経験がどれだけあった?
恐らく、数えるほどじゃないかな。

大抵は、うん、まあまあじゃない、と、注文した自分を責めたくない気持ちから、フォローを入れるような形になったんじゃないかと思うんだ。

なんでこんなことが起きると思う。
それはね、期間限定メニューというのは、お試しメニューであることが多いからなんだ。

スポンサーリンク

もし期間限定メニューが好評だったら、期間限定で終わらすと思う?
終わらせないでしょ。
レギュラーメニュー化するか、季節を限定したレギュラーメニューになるよね。

とすると、君が注文すべきなのは、期間限定メニューかな。
違うよね。
レギュラーメニューだ。
期間限定に手を出すのは、まだ早いんだよ。
レギュラー化するのを待てばいいんだ。

レギュラーメニューというのは、長きに渡って愛され続けている、エリート達なんだ。
選んで失敗する可能性は、かなり低い。
もし失敗したのであれば、それは店の問題だよ。
もう行かない方がいい。

期間限定メニューに騙されちゃいけないよ。
とはいうものの、俺もよく騙されるんだ。
それくらい、期間限定という文字は魅力的なんだ。

そしてその後に残る後悔。
変なところで冒険してしまう。
人間の悲しい性だね。

スポンサーリンク