とうとうリセッションに入るかな

米国債イールドカーブが再び逆転して、世界経済減速への警戒感が高まっとるらしいの。
おかげで、米国株市場も、土曜日の朝は結構な下げ相場やったわ。
特にナイキ(NKE)はきつかった。

なんか、そろそろリセッション(景気後退)入りするんじゃね?みたいな雰囲気になりつつある。
さて、あたいはどうしようか。

なんてことはない。
今まで通りいく。
リセッションに耐えられる準備はしてきたつもりやから、今更慌てることはない。
夏休みの宿題を最終日にやる子供のようなことではいかんのだよ。

ここからリセッション入りするか、それとも反発するか、それは分からん。
両方あり得る。
それを確実に当てられる人間もおらんやろ。

スポンサーリンク

ならばどっちに転んでもいいようにしときゃいいじゃん。
リセッション入りしたらアマゾン(AMZN)とかアップル(AAPL)は結構下げるやろなぁ。
それは計算済みよ。
逆に上げ相場になっていったら、それらの銘柄がポートフォリオのパフォーマンスを上げていくはず。

ネクステラ・エナジー(NEE)ちゃんあたりは、リセッション入りしたら相当強いやろな。
心強い。

よく、リセッション入りに備えて現金比率を上げてうんぬんかんぬん言われるけど、俺的にはそういうことはしない。
生活防衛資金を除き、フルインベストや。
それに耐えうるポートフォリオにはなっとるはず。
はず。
教科書通りではないけど、もともとイレギュラーな人間やから、この方がしっくりくるわ。

さあ、どっちゃでもこいや。
楽しませてくれや。

スポンサーリンク